2008年09月29日

Walkin'
twitterでつぶやく

渓流シーズン最後を飾る釣行に行ってきました。

場所は山形県八久和川の上流部です。

八久和川といえば、潜水艦などと呼ばれる大イワナの楽園として有名な場所です。

遡上してくる大ものを求め源流へ、ということで行ってきました。


頂上からの眺め




天狗角取山山頂付近からの眺めは確かに気持ちいいのですが……





向かったのは寒河江川の支流、大井沢からの登山ルートを使った山越えでのアクセス

です。ぶっちゃけここまで歩くと、釣りじゃなくてほとんど山歩きっス。


釣り場まではざっと6時間。ひたすら歩きます。

普段からトレイルランニングやアドベンチャーレースに出場している坂本さんは、

チョー爽やかな顔で最初から最後まで颯爽と歩いてましたが、ボクのほうはといえ

ば……

80ℓのザックに詰めた食料と酒がぐっと肩に重くのしかかり、息も絶え絶えです。

休憩時間も、復活したタバコを吸う気にもなりません。

初日は移動だけで1日が終わり、翌日から待望の釣り、の予定だったのですが……。





十文字草


唯一心を癒してくれたのは、所々に咲いた十文字草でした。




初日の夜から雨が降り始め、その後どんどん強くなり、

みるみるうちに川は増水し、濁り、とても釣りどころでは……。

あまりの豪雨にテン場から出られず、昼間っから大の大人3人が狭いスペースで

もぞもぞ寝袋から出たり入ったり、食べたり寝たり、食う寝る以外にやることがな

く、ボーっとしてます。でもよく考えるとまぁこういう状況にでもならないとな

かなかボーっとする機会もないのではないかと思い、あくまでも前向きにボケーッと

してみます。





沢


唯一小1時間くらいだけまともに釣りができた2日目の朝、沢に入ってみました。




雨が止めば絶好のチャンスだったのですが、結局ずーっと豪雨。

2日3日と待ってみましたが、食料も底を尽き、泣く泣く撤退。

行きに来た山道を6時間ほどかけてスゴスゴと帰りました。

今シーズンは結局最後まで天候に振り回され、

取材も思うようにはいきませんでしたが、これも含めて釣りなんだなぁ、なんて

改めて考えさせられました。






結局ほとんど釣りできず、結果的には山に泊まって酒飲んで帰ってきただけ。

到着した時は大渇水だったのに、帰る頃にはかなりの増水。

気温は10℃を下回るのに連日蚊の猛襲に遭い、おまけにみぞれに降られ……。

それでも文句ひとつ言わず写真を撮り、釣りをしてくれた浦さん坂本さん、本当にお

つかれさまでした。

これに懲りず来年こそは、いい条件の八久和川を遡行したいものです。

待ってろよ潜水艦! 







未来の潜水艦

flyfisher_magazine at 13:32│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔