2007年11月03日

ナナカマドおばあちゃん
twitterでつぶやく


次号の取材で山形県寒河江川に行って来ました。
秋の本州で紅葉の山を眺めながら、
ウエットでニジマスをねらえる。

キャッチ&リリース導入の先駆けとして知られる川ですが、
それだけにはとどまらない釣り場としての魅力をあらためて確認。
詳しくは11/22発売号でご報告します。

さてさて、今回、取材中に出会ったのは1人のおばあさん。
途中、真っ赤に色づいた木の実が広がっている場所があり、
写真をとっていたところ、なんとなくこちらを見ている人影が。

挨拶してみると、このナナカマドの畑を作っているというおばあちゃんでした。
「米だけでは食べていけなくて、こんなもんも作っているのよ。大阪まで出荷してるのよ」
と、山形弁で説明してくれます。生け花向けに需要があるそうです。

自然林と麓の畑が一体となったみごとな紅葉。
気候もよくなんだかほっとするひとときでした。

DSC_0266.jpg
北海道では街路樹としておなじみ。本州では山形市などで市の樹木に指定されています

DSC_0273.jpg
カメラを向けると照れてしまいましたが、とても優しいおばあちゃんでした


flyfisher_magazine at 12:13│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔