2007年09月19日

浜名湖のフラット
twitterでつぶやく


愛知の杉浦雄三さんと
浜名湖へ行ってきました。
ルアーではクロダイのポッパーの釣りが有名で、
フライでもチャレンジしている人もいらっしゃいますが、
今回は、ポッパーではなくフラットの釣り。

浜名湖は全体的に浅く、
その中に航路が掘られているという構造なんです。
しかもその浅い、というのが大潮の干潮時なら
水深はくるぶしくらいまでになります。

ということは……、フラットのサイトフィッシングです。
航路を通ってボートで移動し、よさそうだ、と思ったフラットに
降りて歩いて魚影を捜して釣ります。
いまのところメインの対象魚はクロダイ、キビレ、シーバス。
そして、これが面白いんです!

IMG_2404-1.jpg
ボートからドボンとフラットに降りて、
魚を歩いて捜します

シチュエーションはハワイのボーンフィッシュの釣りと
ほとんど同じ。
掛かったシーバスも深みにいけないので、横に思い切り走ります。
本州でこんな釣りができるとは思いもしませんでした。

IMG_2416-1.jpg
魚の影を見つけたり、ボイルが起こったらストリーマーをキャスト

ただし!
慣れないと魚が見えないんです。
見つけた! と思ったら向こうもこちらに気づいて
逃げられることが何度あったことか……。

でも、クロダイ(らしき影)が逆立ちして砂地をつついていたり、
シーバスが藻と砂地の間を行き来していたり、
目の前でベイトが追われてボイルが起こったりと、
海のフライフィッシングの醍醐味が味わえそうです。

IMG_2419-1.jpg
ベイトが水面を逃げていきます。
フラットの上はカニ、エビいろんなエサがいるようです。

歩けども歩けども続く広さで、
浜名湖にはそんなフラットがいくつもあります。

編集部では、
「浜名湖は日本のソルトフライフィッシングの
メインフィールドになるのではないか」
と勝手にニラんでおり、
まだまだ取材&レポートを続けていきます!











flyfisher_magazine at 12:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔