2006年08月29日

夕立で駆け込んだのは
twitterでつぶやく


先月、開田高原近くに取材にいったときのこと。

取材が早めに終わったので、
あてずっぽうで近くの渓流に入ったところ、
はじめはパラパラだと思った霧雨が、
アッという間にものすごい集中豪雨に変わりました。

ヤバイと思い、煙る谷を川通しに駐車スペースまで。
魚は釣れていません。

すっかりびしょ濡れなので、気を取り直し、
日帰り温泉にでも入ることにしました。

ウエーダーを履いたまま運転し、
適当に見つけた温泉にたどり着いても、
外はまだ土砂降り。

しばらく車中にじっとしていましたが、
きりがないので入り口まで駆けました。
本当にすごい雨なのです。

玄関先で急いでウエーダーを脱いで、
しまったと思いました。
「ズボンを忘れた……」
アンダータイツ1枚にTシャツ姿は、
けっこう間抜けです……。

でも引き返す気が起きる雨ではないので、
モジモジ君のような姿のまま中に入り、
「日帰り湯入れますか?」と聞くと、
「大丈夫ですよ、奥を右に曲ったところです」
と親切な女将さん。

ちょっと恥ずかしい姿だったので、
いそいそとお風呂に向いました。

浴室にはほかに誰もなく、広々。
鉄分たっぷりの赤っぽい湯でリラックス。
浴槽で泳ぐこともでき、
上がったあとはパンツ一丁で髪を乾かしていました。
気持ちいい〜!

その時、「ガラッ」。ん?
振り返ると、若い女の人と目が合ってびっくり。
向こうも驚いたようで、すぐに引っ込みました。

「パンツだけでも履いておいてよかったなぁ」
「気をつけてほしいよなぁ」
と着替えをすませ、暖簾をくぐると
向かい側にも風呂場があります。

気付いたのはその直後。
奥のほうの暖簾にこそ、「男湯」の文字。
あとから考えるとこの宿(学生が合宿に使うような宿でした)、
男湯と女湯で暖簾の色自体は共通の緑色だったのです。

振り返るのも恐ろしく、
長い廊下を早足で駆け抜け、
外の車に戻ったのでした。

それにしも、湯船にいる間に
あの女の人が入ってきていたら、
僕はいったいどうなっていたんでしょう?
危うく、痴漢騒動を起こすところでした(汗)。

















flyfisher_magazine at 18:37│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔