2006年08月12日

飲んだ席での一言
twitterでつぶやく


 吉祥寺のとあるお店なんですが、カウンターのみで10人
も座るといっぱいの小さな飲み屋さんです。太宰治や山口
瞳などが出入りしていたらしく、店内はほとんど当時のま
まで、ひょんなことから通うようになり、かれこれ6〜7
年です。

 内暖簾、一見様おことわりという時代遅れなルールをいま
でも行なっていて、実にイヤな感じですが、常連さんたちは
誠にもっておもしろい人たちばかりなんです。
 彫刻家、俳優、料理人、大学教授、ピアニスト、メディア
関係などなどほかにもたくさんいます。そんな常連さんたち
が連れてきた初めての方とお話した時のことです。

 何気ない時事ネタから、流れが趣味の話へ。その人、Aさん
は陶芸家だそうで、以前まではフライフィッシングにどっぷり
はまっていたというではないですか。「僕も好きなんですよ〜」
ってな感じで意気投合。どんどん飲んでどんどん酔っぱらって、
機嫌がよくなったのか、Aさんが一言「家にバンブーもたくさん
あるんですが道具は使ってナンボ、もう使わないので、ぜひ今度
取りに来てください」。

 ソレってくれるってことですよね? 喉まででかかったけど声
に出しては言えません。心の中で自問自答した結果、“くれる”
と解しました。僕もうれしくなって明け方まで飲み続け、お互い
タクシーで帰りました。

 それから2ヵ月経ちましたが、Aさんはお店に現われません。
また、聞くところによると、Aさんを連れてきた人は海外に出張
してしまったそうです。
 
 この場を借りて一言、「Aさん、あの時僕にウジニッキをくれ
るって言いましたよね、ね、ね?」



flyfisher_magazine at 15:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔