2006年08月10日

北海道の弾丸レインボー
twitterでつぶやく


暑い毎日が続いておりますが、
みなさんいかがお過ごしですか?

ちょっと前の話になりますが、
北海道取材へいってきました。
この模様は次号のフライフィッシャーに掲載される予定ですが、
その前にちょっとご報告(魚の写真は小誌をお楽しみに!)

01.JPG
こんな渓相で、大きなドライフライに50cmがガボッと出ます。

02.JPG
撮影に向かう津留崎さん。
荷物こんなにいっぱい持って入渓します。
背中のザックには、
水中ハウジング(カメラを中に入れて水中写真を撮れるカバー)
が入ってます。


その帰り道(実はクルマで行きました、北海道)
夏休み中の島崎了さんと合流。
秋田でヤマメ釣りを楽しみました。
例によって車中泊バリバリなので、
島崎さん、ヒゲボーボーです。

04.JPG
島崎さん、フライを後ろの木に引っ掛けて……。
こういうとき、ラインを引っ張るのではなく、
ロッドティップまでフライを引き込んで、
枝をガサガサするとフライが回収できることが多いです。

05.JPG
渓流でお昼ご飯。
津留崎さん(右)、島崎さん(左)とも
笑っていないのは、実はとても暑いからです。

06.JPG
秋田の渓流はこんな感じでした。
少し渇水気味でしたが、
元気なヤマメが顔を見せてくれました。

この模様は……、実はいつ掲載するかまだ未定です。
シーズンのよいときに取材して、
あとで掲載号を決めるということもたまにあります。
こういうことを僕らは「取り置き取材」なんていっていますが、
よい季節が短いだけに、
記事のストックが必要になる場合があります。







flyfisher_magazine at 18:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔