2006年07月05日

初めてのトーナメント参戦!
twitterでつぶやく


0705-1.JPG
このカンバンを見れば、気分が高まるってもの

先週の日曜日、「Tokyo Bay Seebass Challenge」という大会に
同行取材に行ってきました。
参戦者は、なんと岩井渓一郎さん。
今やバスのヒトといってもいいくらい積極的に
シーバスを釣っているのですが、
仲のよいボートキャプテンに誘われ、急遽参戦することになったそう。
参加人数は25名、うち、フライでの挑戦は岩井さんとキャプテンの
ハタノさん、たったの2名。

いざ会場に到着すると、そこはもはやアウエー状態。
知り合いはほとんどおらず、当然会話する相手もゼロ。
選手たちがもくもくとルアータックルをセットしているときに、
ジー、ジー! とリールからフライラインを引き出す音が
ひときわ大きく聞こえました。
「フライじゃ難しいんじゃないの?」という視線も背中に痛い。

0705-2.JPG
「わきあいあい」とはいっても、スタート前、緊張が走る!

0705-3.JPG
猛スピードでスタートしていく各ボート。そのスピードにちょっとビックリ

そして4時間の釣りの結果……、
残念ながらボウズ!
それでも、

ルアーでも釣果Oのヒトが7名もいたという
最悪の状況だったけれど、
岩井さんは5尾魚を出していました。
結局ひとつもフッキングせずでしたが、
そのうち2尾をランディングしたら順位はだいぶ変わっていたと
思うのですが……。

070<br>
5-4.JPG
優勝者の方です。さすが!

ま、釣りにかぎらず人生には「タラ、レバ」はないので、
次回の健闘を誓うのみですが、
「人生で初めて釣り大会に参加した」
という岩井さんも、結果はともかく、楽しげな雰囲気に
ご満悦でした。

0705-5.JPG
「疲れたぁ!」

閉会式では、みんなの前で
「釣れなかったけれど、楽しかったです、また誘ってくださいね」
とさわやかな挨拶をした岩井さんでしたが、
帰りの車中
「悔しい!」を連発してました。
やっぱりね。

でも、あの岩井さんのミノーは釣れます、というか魚が出ます!
正直、フッキングがよい、とはいえないようですが、
フックの位置や種類を工夫することで、解決できそうです。
実は、僕もちょっとしたアイデアがあるので、今度ボートに乗るときは
試してみようと思ってます。
あのフライを使えば
岩井さんと同じくらい魚が出るのは分かっているのですから、
あとはフッキング。
シーバスでの「岩井越え」を目差します!
結果は……、期待しないで待っていてください。

















flyfisher_magazine at 21:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔