2012年05月

2012年05月29日

動き出す本流シーズン
twitterでつぶやく

山の芽吹きの勢いがすさまじいなか、
昨日は長野県の犀川に行ってきました。

いつもなら釣行取材となるところですが、
今回はおもに漁協組合さんの取材です。

ご存じのとおり、長野県の犀川といえば、
本州では貴重な本格的な本流釣り場。

中でも下流にあたる犀川殖産漁協の管内では、
コンディションのよいニジマスをメインターゲットにした
釣り場運営に力を入れるべく動いています。

水量は豊富でポイントは変化に富んでおり、
生息する水生昆虫も豊富というのがこの釣り場の大きな魅力。
しかし、流域には大きなダムがいくつかあって、
川本来の姿からすれば、実際には閉鎖され限られた
水系という問題も抱えています。

そんな中で、昨日出席した会合は、県の水産課の担当の方などもいらっしゃり、
外から見ていただけではなかなか分からないような話も聞けました。
また、それらの中で、釣り人の立場でこの川にどんな運営を期待するか、
といったことも、個人的なこの川への愛着も含め、
意見を述べさせていただきました。

限られた条件の中で、いかに将来につながる釣り場を作っていくのか?
注目すべき各地の事例も着実に増えてきているので、
こういったテーマも引き続き取材を重ねたいと思っています。


21


30


26



ちなみに会合は昼をはさんでの数時間だったので、
その前後にはしっかりサオをだしてきました。
忘れようのない大ものにイトを切られた思い出もあるこの川ですが、
昨日顔を見せてくれたのはかわいいサイズ。

それでも、ヒゲナガのハッチが例年より
半月以上遅れたといわれる今年の犀川でしたが、
この週末あたりからぼちぼち釣れてきているようです。

カミナリには気をつけて、ツーハンドの釣りも楽しみましょう!

[八木]




flyfisher_magazine at 13:18|Permalinkclip!

2012年05月25日

いよいよハイシーズン
twitterでつぶやく

先日発売になったFF7月号。
特集は狹賈稔瓩箸いΔ海箸如
すでに通ってその魅力を知っている人はもちろん、
これから行きたい人にも各河川やエリアの全容がわかるような、
そんな特集を組んでみました。
これからのハイシーズン、あるいは大ものがねらえる秋に向けて、
じっくり戦略を練るおともにぜひご活用ください。
迷ったらここを拠点に、という宿情報も編集部や本誌筆者陣おすすめの
場所を20軒以上掲載しています!

また、DVDも渋谷直人さんのロングティペットの釣りが
詳細にわかる待望の第3弾(なんと登場する尺ヤマメは6尾!)のほか、
レネ・ハロップさんと勝俣雅晴さんの案内でアメリカ・ヘンリーズフォークの
魅力的なフライフィッシングをめぐるシリーズ三部作が
永久保存版として再登場。ぜひご確認ください。
それぞれ「Long Drift」と「A Letter From Henry's Fork Vol.1〜3」
としてつり人社の公式ページからでも送料無料で
お買い求めいただけます。
http://e-tsuribito.jp/pages/shopping/video/03/v_flyfishing01.php


ちなみに今月末には、編集部も今季初となる東北取材に出発ですが、
そのほかの各地も山の釣りはどこもよくなりますね。
今シーズンも皆さんの心を打つような素晴らしい釣りのシーンを、
1つでも多くお伝えできたらと思います。

写真は今週訪れた、南信州の山のアマゴ。
取材の合間のひととき、爽快なドライフライの釣りで
楽しんでしまいました。

[八木]

DSC_0045
DSC_0035


flyfisher_magazine at 13:02|Permalinkclip!

2012年05月21日

イブニングまでお楽しみいっぱいのイベント
twitterでつぶやく

昨年は震災の影響を考えて中止された、
岐阜県の石徹白(いとしろ)川で開催される
恒例のイベント「石徹白Fisher's Holiday!」

今年は満を持して6/2(土)〜6/3(日)で開催される
ことが決まりました。

本誌でもたびたび紹介してきた同釣り場ですが、
あらためてご紹介すると、サクラマスの遡る大河・九頭竜川の上流部にあたる
石徹白川のさらに支流に峠(とうげ)川があり、
この区間がフライフィッシャー有志と漁協、さらに地元の皆さんのおかげで、
2000年からキャッチ&リリースを全国的に見ても早い段階で導入。

その後、継続的な努力により、本流の石徹白川も含めて、
成魚放流に頼らない、自然再生産を取り入れた
魚影豊富な川を現在までに実現し、
2011年には正式に遊漁規則に盛り込むまでになった、
というとても貴重な釣り場です。

たとえば、取材で訪れた一昨年も、
日中のイベントが一段落した時間に釣り場に出てみると、
本流を含め、「どれだけのイワナがいるのか」
と驚くほど魚たちが湧くように出てきてフライに反応していました。
もちろん、彼らは昼間にも充分ねらえるわけですが、
誰もがアクセスできる里の近くにありながら、
これだけ一定の魚たちが息づいている川は、
貴重といわざるをえません。

フライフィッシング体験スクールはもちろん、
メイン会場では渓流エコロジスト会議など凝った内容の
ステージイベントもありますので、
仲間や親子で休日を過ごす場所としてもとてもおすすめです。

主催者から詳しい案内をいただきましたので、
ご興味のある方はお出かけ先としてぜひ検討してみてください。


img-521112800-0001



[八木]


flyfisher_magazine at 11:50|Permalinkclip!

2012年05月16日

222号記念、感謝のプレゼントを準備中!
twitterでつぶやく

さて、1988年に創刊した本誌『FlyFisher』も、
5/22発売の最新号で222号を迎えます。

これも本当に、読者の皆さまの支えがあってのこと。
そこで編集部では、ささやかながら、ハンドプリントのオリジナル
ロゴをあしらった、記念のTシャツを準備中です。

着心地と丈夫さにもこだわったMとLサイズ100着をご用意。
応募要項など、くわしくはこれから発売になる、
月刊FlyFisher7月号のP128をご覧ください。

t-shatu


なお、最新号の特集は「東北遊び方GUIDE」。
この土地の魅力をすでに知っている方はもちろん、
一度は訪れてみたい、とお考えの方にも存分に役立てていただける
情報をぎっしり詰めました。

こうご期待です。

[八木]

flyfisher_magazine at 12:04|Permalinkclip!