2011年08月

2011年08月30日

in yamagata!
twitterでつぶやく

ただいま、渓流締めくくり釣り取材で
山形に来ています。
釣りは順調で良型イワナが多数。
でも暑かったですね。
その代わりといってはなんですが、
宿をとった月山志津温泉の清水屋さんは
この時期でも山菜が盛りだくさんで、
さらにキノコ(シシダケ)の炊き込みご飯
と芋煮が最高でした。
台風の進路が気になりますが、
いよいよ9月は各地の釣りも
ラストスパート。
よい釣りをしたいですね。

40


【八木】

flyfisher_magazine at 02:20|Permalinkclip!

2011年08月22日

夏休みシーズン
twitterでつぶやく

昨日までの週末を含めた3日間、
群馬県の「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」で
開催された外遊びのイベント、
『ソトデナニスル2011』に出展社として参加してきました。

当社の担当はフライフィッシング。
(株)ティムコ、かわガールプロジェクト、そしてフライロッダーズ編集部との
共同ブースで、キャンプ場に集まったアウトドア好き家族に、
釣りでもキャスティングでもタイイングでも、
フライフィッシングにまつわる遊びを好きなように体験してもらおう、
というものです。

DSC_2810


あいにくの雨天続きでしたが、
自分にとっては、「釣り」という遊びが子どもの本能を刺激する要素に満ちている
ことを再認識させられた3日間でもありました。

フライフィッシング専門の催しは、
もちろんそれはそれで意味があるのは間違いないのですが、
会場のキッズたちの興味の対象を見ていると、
大人になってから身に付いた釣りのジャンルから一度離れて、
違った形のイベントも考えられるような……。
そんなアイデアも湧いてきたイベントでした。

とはいえ、大人には大人の楽しみ方があります。
本日発売のフライフィッシャー10月号の特集は

「岩魚自在流」

すでに夏休みを取った人も、
これから遅い夏休みの人も、
思わずイワナが釣りに行きたくなる山の釣り。

ぜひ、お手にとってご覧ください。

[八木]




flyfisher_magazine at 19:38|Permalinkclip!

2011年08月15日

プリズンブレイク
twitterでつぶやく

そもそもは「24」ですっかり夜更かしグセをつけられたアメリカのテレビドラマ。
ほかに面白いと思ったものには、「プリズンブレイク」がありましたが、
先日、そのドラマさながらの「灼熱の監獄」島へ行ってきました。


2011-08-13 16 07 07



というのはこれまた真っ赤なウソでして、実際はとても楽しい、
東京湾・川崎沖での堤防フライフィッシングです。

現在発売中のフライフィッシャー9月号で、
我が部のソルト隊長が取材させていただいた、
千葉県在住の堤防釣り普及活動家・松木健さんをたよっての釣り。
エサ釣りやルアーの人たちにまじって、
フライでカサゴをねらいます。

釣りの面白さやテクニックについては、
記事中でくわしくお伝えしていますので、ぜひご覧ください。
真夏の日中に東京湾で遊べて、
水や食料以外にかかる費用は渡船代2500円!のみ。
こんな釣りもあるんだなぁと、
炎天下脱水症状だけは気をつけて楽しんできました。

[八木]


flyfisher_magazine at 16:47|Permalinkclip!

2011年08月11日

FFシステム手帳完成?
twitterでつぶやく

季節外れのこの真夏、
月刊フライフィッシャーオリジナルのシステム手帳が完成しました!

57


釣行日誌書き込み欄のほか、
潮汐情報、全国渓流解禁一覧などの必要情報も盛りだくさん……

というのは真っ赤なウソでして、
完成したのは写真の中にちらりとあります、
FFのオリジナルステッカー(写真のはその中の一部)。

非売品なのですが、
「じゃぁ何のために作ったんだ!」と申しますと、
読者投稿や本誌企画に参加していただいた場合などの御礼用に、
ノベルティーとして準備したものです。

ちなみに、私物の手帖の色とステッカーの色が妙にマッチしているのは、
けっして自分用にステッカーの色を決めたからではなく偶然。

現在発売中のソルト特集はおかげさまで好調。
目下作成中のイワナ特集も充実度大ですので、
ぜひご期待ください。

[八木]




flyfisher_magazine at 20:45|Permalinkclip!

2011年08月06日

釣りモノいろいろです。
twitterでつぶやく

さっきまで休日出社でコツコツと仕事をしていたのですが、
只今一服中。

先週までの取材スケジュールを振り返ってみたら、あることに気付きました。
過去に釣ったことのある魚でも、改めてフライフィッシングでねらってみると
新しい発見があり、面白く感じることってみなさんも経験あると思いますが、
最近出会った魚のほとんどが、たまたま個人的にそうした魚ばかりでした。

ナマズとかライギョとかクロダイとか。エサやルアーでは釣ったことあるんですが、
これらをフライでねらうとなるとまた別モノなんですね。

フライロッドでのファイトですから掛けてからのやりとりがしびれちゃいます。
もちろんヤマメやイワナの釣りもおもしろいのですが、
こうした新たなターゲットに挑戦するのも、フライフィッシングの魅力のひとつなんだなぁと
改めて感じました。

渓流に出かけられない時のためにも、いろいろ浮気するのもいいものです。

今が旬の釣りです
kurodai

見つけられるようになるまでが大変だけど、かなりエキサイティングな浜名湖のクロダイ

namazu

実は日中のサイトフィッシングが楽しいひげ太夫。雨上がりにねらってみてください

siira

夏のお祭り、オフショアのシイラは今シーズン絶好調! マグロも混じるこれからはさらに期待大です


久々の更新でした。
      (ワカノ) 



flyfisher_magazine at 11:35|Permalinkclip!