2011年03月

2011年03月30日

島崎憲司郎さん!
twitterでつぶやく

すっかり、更新が遅れてしまいました。
編集部一同、温み始めた渓の水に合わせるようにして、
各地の渓流釣り取材に出かけ始めています。

「こんなときだからこそ、心が和む釣りの風景を見たい」
そんなことばを、実は複数の東北方面の筆者の方からお聞きしています。

僕自身は先日、高知へ取材に出てきたのですが、
現地のフライフィッシャーの方も、同じ沿岸地域に住む
この国のメンバーとして、けっして今回の地震が他人事でない
という意識を強くもってらっしゃいました。

明らかに人災である原発については、都市部に住む人間のひとりとして、
考えるところが本当に多いです。社会的な問題に対して、
知らないふり、見ないふり、がもはや通用しないことは、
これから誰にとっても課題になると思います。

さて、そんな中、本日は編集部のあるつり人社に、
あの島崎憲司郎さんがいらっしゃいました。
この5月にティムコ社から発売される、
新しいウイング材のデモを動画で撮影するためです。

釣りビジョンの番組などではすでに公開され始めていますが、
世界でも屈指のイノベーターでありフライタイヤ―である
島崎さんのアイデアがぎっしりつまった驚きの素材とアイデア。
今シーズンの注目一押しでしょう。


20


11




ちなみに、島崎さんのこれまでの経歴やアイデアの原泉については、
フライフィッシャー2011年3月号の巻頭特集インタビューで
くわしく紹介しています。

この号、ネットショップのアマゾンでは売り切れ御免になっているのですが、
http://www.e-tsuribito.jp/pages/magazine/flyfisher/2011/03/
では問題なくバックナンバー購入できますので、
もし未読の方がいらっしゃったら、ぜひご覧ください。

[八木]





flyfisher_magazine at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月21日

こんなときこそ
twitterでつぶやく

予断を許さない原発のニュースに、
あちこち休店の看板をかかげている都内のガソリンスタンド。
いいニュースも少しずつ増えている一方で、
なんとなく、上を向ききれない気分の人も多いのではないでしょうか?

ネット上では「経済活動」についてかまびすしい議論が
起きていますが、個人的に目にしたブログの中で、
なんだかとてもほっとしたのが、
神戸のユーズリバー店主、歌川さんのブログ。

なにというわけではありませんが(なんて書いたら失礼?)、
よかったらのぞいてみてください。
http://www.us-river.info/
深刻な事態のときだからこそ、
気持ちはオープンに保ちたいものです。

さて、今回の地震について、
せめて募金と考えている方は少なくないと思います。
どこから送るのもよいと思いますが、
フライフィッシャー編集部では、日本釣振興会(日釣振)
の活動に協力する形をとっています。

寄せられた募金は日本赤十字社を通じて全額
被災地の復興活動に寄付されますので、
これから募金をお考えの方は、ぜひご協力ください。
募金額の事後報告などもしっかりなされる予定です。


[八木]


(お知らせ)

「東日本大震災の義援金募集について」

(財)日本釣振興会では、当面、放流募金の募集は中止し、
「東日本大震災義援金募集」に切り替えます。
集まった義援金を(財)日本釣振興会本部でとりまとめ、
日本赤十字社を通じて全額、被災者救援のための救援活動及び
復興支援活動等の資金として寄付いたします。

●実施期間:半年間(3月20日〜9月20日)を予定しております。
●現在の放流募金箱を利用して、義援金募集を行ないます。
『「東日本大震災」義援金箱』と書かれた用紙を現在準備しており、
放流募金箱に順次貼付しております。その募金箱へ募金をお願いいたします。
なお募金箱は(財)日本釣振興会の会員になっている
全国各地の釣具店などに設置してあります。
●義援金は、直接振り込むことも可能です。
義援金受付口座
  三菱東京UFJ銀行八重洲通支店
  普通預金 No.0077545
  (ザイ) ニホンツリシンコウカイ

金額は1円から承ります。恐縮ながら、送金手数料はご負担願います。
ご希望の方につきましては、受領書等発行させていただきます。
募金額のご報告は「日釣振だより」、ホームページに随時掲載します。
募金箱については取扱店名。直接振込みの場合はお名前とします。

以上

flyfisher_magazine at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月15日

泊まり2泊目
twitterでつぶやく

目下、午前4時50分。
編集フロアは消灯して真っ暗ですが、
あちこちからいびきが聞こえてきます。

この混乱のさなかでも、
本誌のほか、姉妹誌の月刊つり人、月刊バサーも
なんだかんだと記事を作っています。
中には東北方面に親戚のいるスタッフもいますが、
編集を仕事にする者の意地かもしれません。

もっとも、東京23区が停電を除外されているから
できることともいえますが、こんな時だからこそ、
簡単にあきらめず、何かを作りあげたいもの。

さて、自分もそろそろ仮眠をとって、
明日からに備えます。

[八木]




flyfisher_magazine at 04:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年03月13日

揺れました
twitterでつぶやく

今回の地震、編集部もかなり揺れました。
ひとまずスタッフは全員ケガもありませんが、
東北をはじめとした被災地の読者、
筆者の方の御無事を祈るばかりです。
できることからやっていきましょう。
【八木】

flyfisher_magazine at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月10日

〆は〆
twitterでつぶやく

雪の新潟に行って来ました。
津留崎健さんとのグラビア取材です。
取材は無事終了。で、帰り道に地酒の〆張鶴と干物を購入。
5時間の帰宅ドライブの後早速一杯。


何をかいわんや。です。

20
10


【八木】

flyfisher_magazine at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月06日

荻窪で個展
twitterでつぶやく

本日は会社で原稿作成ののち
都内の荻窪ヘ。現在連載を執筆している、
柴野邦彦さんの個展にお邪魔してきました。
洒落たギャラリーには淡い色彩の水彩が並び、
川や山を気持ちよく望めます。
展示された絵は想像以上の反響で
買い手がひっきりなしだったそうですが、
それも納得の爽やかな気分になる
絵の数々でした。

53
04
13


【八木】

flyfisher_magazine at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月02日

解禁のようすが続々
twitterでつぶやく

3/1を迎えて、いよいよ渓流解禁が全国に広がっていますが、
各河川での釣りのようすも徐々にいろいろな話が入ってきています。

たとえば最近人気の鬼怒川本流は、
ライズねらいでさっそく尺オーバーの魚が出ているようです。
魚影も多いとのこと。

一方、同じく人気の伊豆狩野川は増水気味でぱっとせず、
意外なところでは今季の開幕は水量もよさそうで期待大と
いわれていた蒲田川がハッチもライズもなくさっぱりなのだとか。
なんでも、こちらは数日前に強めの地震があって、
どうやらその影響なのでは……とのこと。

皆さんの地元河川はいかがなぐあいでしょうか?

編集部員はどうしているかといいますと、
本日は全員机で原稿打ち(!)

さて、ロッドを持ってふらりと出掛けられるのはいつのことやら。
今は目の前の仕事に集中です。

[八木]









flyfisher_magazine at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!