2011年01月

2011年01月29日

釣れるフライのコツ?
twitterでつぶやく

T&Tのプロスタッフであり、
TEAL代表の杉浦雄三さんが来京。

来月発売される、自身が出演する
ウエットフライ入門DVDにあわせ、
シーズンを通じて活躍するウエットパターン
4本をタイイングしてもらいました。

若手フライフィッシャーの中でも
釣りに注ぐエネルギーのみならず、
ものごとをつきつめていくパワーはピカイチの杉浦さん。

フライのほうは、皆さんもご存じのとおり、
ある意味で「非常に実戦的」です。
くわしくは近々の誌面でご紹介させていただきますが、
マテリアルはなるべくコンプリートで購入、
そのうえで自分が「釣れる」と思う色を手にするために、
フェザーからヘアマテリアルまで、ほぼすべて自分で染色しています。

とはいえ、聞いてみると決して難しいことをしているわけではなく、
要は「自分でやろうという意思があるか」どうかの問題。
でも、釣りが上手な人というのは、
概してそのあたりの細かい詰め方が違うんですね。


P1280190



P1280189


さてさて、今週は鼻と喉をやられて
あやうく本格的な風邪を引きそうになりましたが、
なんとか回復しました。
せっかくのシーズン到来を前に、体調管理だけはしっかりしたいですね。

[八木]




flyfisher_magazine at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月26日

いろいろありますね
twitterでつぶやく

昨日のイベントといえばサッカー日韓戦でしたが、
その前に、午後は横浜で開催された、
パタゴニア日本支社さんのメディア向け展示会に
行ってきました。

アウトドア・アパレルブランドとしては
人気・経営哲学ともにトップランナーの一角をしめる同社ですが、
2011年の大きな変化はゴアテックスとの再提携。
アークテリクスも手掛けた気鋭のデザイナーも迎え、
特にアルパイン関連では目を引く新製品が発表されていました。

フライフィッシング関連では、ゴアの導入はまだとのことですが、
将来的には可能性があるとのこと。

P1250188




で、日韓戦が始まる前から、DVDをまわして
チェックしたのがアメリカNew Water Media社の
「スカジットマスター2」


201101261104000


重いコーンヘッドとイントルーダーを組み合わせた
スカジットラインによるスティールヘッドの釣りが
じっくりと収録されていて刺激になります。

なお、本流のウエットの釣りに関しては、
つり人社からも2月にシングルハンドやスイッチロッドから
取り組める新作DVDが発売されますのでそちらもお楽しみに。

また、スカジットを含むスペイキャストの幅広い基礎解説については、
これまた手前味噌で恐縮ですが、下澤孝司さんがじっくりと、かつ理論的に
キャスティング理論を解き明かす「The D(ザ・ディー)」が非常におすすめです!

http://www.e-tsuribito.jp/pages/shopping/video/03/3086.php



[八木]





flyfisher_magazine at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月21日

美女も応援!
twitterでつぶやく

昨日は、つり人社が協力している
「Honda釣り倶楽部 http://www.honda.co.jp/fishing」の撮影でした。
場所は東京都の奥多摩町にある東京トラウトカントリー。
多摩川の支流、日原川にある渓谷の管理釣り場です。

フライフィッシングも楽しめる釣り場なのですが、
今回トライしたのはテンカラ釣り。
「つり女子活動記」という、同サイト内でも人気のコーナーで
メインモデル&リーダーを務める本多絵里子さんと、
目下つり女子養成期間中の中津真莉子さんがニジマスをねらいます。
(同じ毛鉤つながりということで、僕は立ち会い)。

モデルさんというと、本当に釣りに熱心なの?と思う方も
いらっしゃるかもしれませんが、実はそれぞれに相当に才媛なお二人、
釣りもとても真剣です。この日も丸1日の撮影に疲れも見せず、
キャスト、釣り、タイイングとしっかりこなして
魚を手にしました。

これはぜひ、フライフィッシングもやっていただきたいところ。
これまでの「活動記」はウエブをチェックすれば見られますので、
ぜひご覧ください。実は現在、僕もとあるページに出演しているのであります。


P1200171

左が本多さん、右が中津さん。FF誌面で活躍していただく日も近い?


さて、明日はいよいよボリュームアップして
誌面が刷新したフライフィッシャー誌の初お目見えです。
皆さんのご意見・ご感想、お待ちしております!



[八木]

flyfisher_magazine at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月17日

リニューアル号
twitterでつぶやく


久方ぶりの更新ですみません。

先日、ようやく校了を迎えました。

手前ミソですが、

今月22日発売のフライフィッシャーはリニューアルです!

付録DVDは年4回となり、次回の動画付録は4月22日発売号になりますが、

今回は渓流解禁ガイドが特別付録として付いてますので、

今シーズンの釣行プランに役立ててもらえればと思っております。



リニューアルということで、グラビアは近年稀にみる豪華な顔ぶれ。

あの人やあの人、そしてあの人も……

日本のフライフィッシングを牽引してきた3人のインタビューを中心に展開。

(もったいぶってスイマセン、見てのお楽しみです。)






ところで、

もういくつか寝れば、早いところは解禁です。

ウエーダーの穴、ティペットとフライの在庫、防寒対策……

みなさん準備は大丈夫でしょうか?

先日、名古屋にも雪が降り、長良川のようすが気になるところですが、

いまのところ釣りに支障があるほどではないようです。



オフシーズンはメバルとシーバスに散々振られ続けたため、

今シーズンの渓流ではいっそのこと自身の釣り運を変えたいと切に願うところです。

「持ってる人」になりたい!

雑誌よりも自身のリニューアルを望む今日この頃です。
                    (ワカノ)



























flyfisher_magazine at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月07日

今年も
twitterでつぶやく

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
編集部一同、今年もよろしくお願いします。

さて、FlyFisherは2011年という節目を機に、
誌面を刷新、新たなスタートを切ります。
実はその準備でこの年末も大わらわ。
読者の皆さまにおかれましては、
ぜひ1/22発売号をお手にとっていただき、
叱咤激励、要望クレーム、どしどしお寄せいただければと思います。

さて、今日の東京は雪こそ降らないものの
かなりの冷え込み。
あまりこんつめてばかりでも身体に毒と思い、
昼飯のあと、近くの喫茶店でちょっとさぼってきました。

201101071341001

編集部でも飲めなくはないですが、
きちっと焙煎された香ばしいコーヒーにはやはり癒されます。
(辛党兼甘党なのでチーズケーキも……)

なお、リニューアル号はページボリュームを増やし、
特別付録として全国渓流解禁情報が付きます。
そのかわり、これまでご好評をいただいていたDVDは、
内容ますます充実のため、次の4月発売号(2011年6月号)まで
充電期間とさせていただきます。

なにとぞ、よろしくお願い致します。

[八木]

flyfisher_magazine at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!