2007年10月

2007年10月25日

ハワイでボーン4(最終回)
twitterでつぶやく


さぁ、いよいよ釣りだ。
「ボーンフィッシュの経験はあるの?」
「ない、まったくの初めて」
「そうか……(ラースの表情が一瞬不安そうに見える)」

この日の僕のタックルは、
スコットのソルト用ロッドX2Sの9フィート8番、リールはロスリールのモーメンタム5、
ラインは1番手上の#9のエアフロ・リッジボーンフィッシュテーパー・フローティング。

PA220573.jpg

PA220591.jpg
海の魚を釣るには、とにかくリールの性能が一瞬のチャンスを左右する大切な要素だということを、このあと実感することになる。この日唯一の魚が沖に向かってものすごいパワーで疾走した時、相棒は最後の最後まで安定的した挙動でラインを制御しつつ送り出してくれた

フラットを歩き始めて1時間半。1回もキャストできずにいた。
遠くに見つけたテイリングがそのまま消えたり、ようやく目の前に来たテイリングが、
「次にテイルが見えたらキャストだ!」というラースの指示の次の瞬間にまた遠ざかったり、
途中、このままだったらオデコも覚悟かなというくらいの展開だった。

でも、ラースは集中力を切らさずとにかくテイリングを捜してくれ、正午の満潮の少し前、
ようやくマングローブ林が外のフラットと接している場所で、
この日初めてキャストできる絶好のテイリングを見つけた。
それまでひたすら自分に言い聞かせていたのは、
チャンスが来たら失敗してもよいからとにかく落ち着いて投げること。

「キャストだ! 魚の向きが見えるかい? 頭の前2m!に」
ラースの声が興奮している。
キャスト……着水と同時くらいに、魚がクルッと反対側に向きを変えたのが見えた。
!!!!!  2〜3尾が底をほじくってエサを食べているのが偏光グラス越しにはっきり見える。
「もう1回キャストだ。もう1回投げて!」
ラースもまだ興奮している。
落ち着いて、落ち着いて、そっとピックアップしてすぐにキャスト。
キャストし直したのが、1回だったか、2回だったか、うまく思い出せないのだけれど、
突然、フライが落ちた場所に向かって、2尾の魚が猛然と近づいて来るのが見えた。

(今、絶対にフライに反応している!)

2秒か、3秒か、一呼吸待った。それから、そっと利き合わせるようにラインをリトリーブした。
すると、1尾の魚がなんとなく沖に向かって走り出す。最初はゆっくり、
すぐに何かに気付いたようにスピードを上げて……

「ヒットだ! ラース、ヒットした!」
笑われてしまうかもしれないが、今思うとその時の感覚は、
近所の多摩川で底のエサをついばんでいるコイを、
フローティングラインの先に黒いエッグフライを沈めて
静かにリトリーブの利き合わせで釣っていた時にそっくりだった。

「ザッツ、グッドサイズ!」とラースが叫んでいる。

でも、そこからはまったくの未体験。ギュイーッと鳴っているリールに目をやると、
ラインはとっくになくなってバッキングがどんどん引き出されている。
最後は、「このままじゃスプールが見えちまうんじゃないか?」と真面目に心配になった。
ラインの先にスクーターでも付いているようで、明らかにどうにかなるもんじゃない
圧倒的なパワーが伝わってくる。

ラースはラインが突き刺さっている遥か沖に向かって一目散に走っていた。
僕はある程度のところからリールを巻いてその後ろを追いかけ、
ラースがようやくラインを掴んで手繰り寄せると、魚は僕とラースの
間で思ったよりも大人しく身を休め始めた。

「大丈夫、キャッチして」とラースがいう。
ちょっと意外だったけれど、そういうものかと思い、
右手を水中に突っ込んで一気に「でかいな」と思ったボーンのテイルを掴んだ。

「ナインポンドはあるよ、いいサイズだよ」とラースがいう。
大きいなとは思ったけれど、何せ初めての1尾なので比較のしようがない。
でもやっぱり、それはいい魚みたいだった。
ちょっと間の抜けた顔だとは思うけれど、とにかく「きれいだ」と思った。
フライはラースが巻いたもの。
このあともいろいろなことがあったのだけれど、終わってみれば、
僕のラッキーなハワイ釣りはこれがクライマックスだった。

PA220575.jpg
PA220580.jpg
いろいろな人に支えられ、幸運にも手にできた1尾。
ちなみに、ガイドのラースはハワイでの学業を12月には終えてアメリカ本土で働きたいとのことで、
ボーンフィッシュのガイドのアルバイトは12月の半でやめるつもりらしい。
興味のある人は、年内にコンタクトしてみるのがおすすめです。













flyfisher_magazine at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ハワイでボーン3
twitterでつぶやく


滞在3日目、いよいよ明日は予約した釣りの日。
が、いろいろあってハワイ到着後、この時点でお店やガイドとは連絡がとれていなかった。
実は前日の夜にお店に電話をかけたら誰も出ず、
その後、自分が電話したのが閉店30分後だったと判明する。

で、昼になって再度お店に電話したらやっと連絡がとれ、
「ハーイ、Mr.ヤギだね。ラースの携帯を教えるから、万一今日の夕方までに彼から連絡が来なかったら、携帯にかけてみて」と言われてともかくようやくほっとした。その後ラースから連絡はなく(笑)、夕方に携帯をコールするとすぐにで出てくれて、「ハーイ、Mr.ヤギだね。明日は朝7時にホテルのメインロビーに迎え行くよ」と言われる。よし、行けるぞ!

翌朝、目覚まし時計に加えてモーニングコールまで頼んで万全の6時起き。
日の出は6時半頃だったので、外はまだ暗かった。しばらくはグーグー寝ていた嫁と娘もそのうち起き出し、
パパの出陣をとりあえず見送ってくれる。

その後、少し遅刻したラースにヒヤヒヤさせられつつも、7時半には彼のシーカヤックを積んだカムリが無事到着。
彼はハワイの大学でMBAのコースに来ているというスウェーデン人で、バイトでガイドをしているとのことだった。
途中、セブンイレブンで昼飯だけ買って、車を30分ほど走らせてホノルル空港方面へ走り、
小さなヨットハーバーに到着した。なんとなくは聞いていたのだけれど、
車から下ろしたシーカヤックに乗って500mくらい漕ぎ、ハーバーの外に広がっているフラットに行くのだ!

PA220567.jpg
左端でセダンから荷物を出しているのがラース。こっちを向いている立派な4WDは赤の他人の車。
シーカヤックに釣り具一式と昼飯を乗せ、これを2人で漕いで目差すは沖のフラット








flyfisher_magazine at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ハワイでボーン2
twitterでつぶやく


「ナーバスウォーター・フライフィッシャーズ」
 これが現地にあるフライショップの名前。

インターネットで調べると(www.nervouswaterhawaii.com)、確かに
「ボーンフィッシングのガイドやります」
という案内と何人かの釣り場写真が掲載されている。
う〜ん、確かに楽しそうだ。

そこからはだいたい以下のような段取りで釣りをアレンジした。

1)ホームページに掲載のメアドに自分は日本のフライフィッシャーで釣りがしたいと連絡。チャンスは1日なので、希望する日程を2つ出してみる。翌日には店長から返信が来て、「日曜日なら大丈夫」とあっさり確認がとれすぐに予約。

2)持ち物を聞くと、ウエーディングシューズ(川用のものでOK)、#8か#9のロッド、150m以上のバッキングを巻いたトロピカル(ボーンフィッシュ)仕様のフローティングライン、コパーかブラウンの偏光グラスが必要と言われる。リーダーシステムとフライはガイドが用意するとのこと。自分のフライも試してみたいならタン色のクレージーチャーリーなどがよいという。近くのプロショップに行って参考になるコマーシャルフライなどを見せてもらい、とりあえず自分巻きのも少し用意した。あとは日焼け対策を万全にと言われたので、それらしい服装を切らせていたこともあり、速乾タイプの白い長袖シャツ、同じく速乾タイプのアウトドア用パンツを会社近くで購入、ついでにウエストポーチも新調してしまった。

3)で、ここまで来てふと不安になる。「現地についたらどうやってガイドと落ち合うんだ?」。疑問に思ったことはこれまたメールすると、あらかじめ知らせていた滞在先のホテルに、釣り前日になったらガイドが直接ピックアップの時間を連絡してくるという。潮のぐあいによって時間が変わるので、彼がよい時間を見計らうらしい。「メールをやりとりしているあなたがガイドしてくれるの?」と聞いたら、当日は「自分じゃなくてLars(ラース)がガイドします」と言われガイドの名前が分かった。

その後いよいよ出発。
メールは必要なことが確実に確認できるので便利だけれど、
相手の声などを聞かないままなのでやっぱり「大丈夫だよな?」という不安は少しはある。

PA140470.jpg
出発直前、雑誌の校正の合間にフライを巻く。「ラバーレッグ付けたほうがいい」とか、「深いところならオレンジっぽいのもいいんじゃない」とか、こと釣りに行くことに関してはおおらかな同僚たちの意見も取り入れ、暗中模索でとにかく巻くだけ巻いてみる。ただし、終わってみればここからヒットフライは生まれなかったので、これから行く方はくれぐれも参考にはなさらないでください(!) もちろん、今後、日本のサーフとかで使ってみるつもりではありますが……









flyfisher_magazine at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月24日

ハワイでボーン1
twitterでつぶやく


女の人は南国が好きだ。ある日、嫁さんが言った。
「あなた、私たち(娘含む)もハワイ行くわよ! 何としても休暇を取りなさい!」

「スキー=寒い山に上ってまた下りるだけ=徒労」
「フライフィッシング=わざわざ釣った魚を食べない=意味不明」
そういう確固たる思い込みがあるのに、
南の島に行くことはまったく意味が違うらしい。
沖縄、ニューカレドニア、タヒチ、サイパン、グアムにハワイ。
行けるならどこでもOK。

ちなみに、我が家は借家住まいの共働きで、ダンナは休日返上が多い割に
あまり稼いでこず、いわゆる余裕のあるご家庭とはまったく無縁。
それなのに無理してわざわざ行くのもなぁ……と思いつつ、

「ハワイでボーンフィッシュが釣れるらしい」

という話を思い出した。
小誌でも何度か記事にしているが、
現地にフライショップが1軒あって、そこのルートでガイドがいるらしい。

「買い物もテツダイマス、娘の面倒も見ます、ただ、1日釣りさせてくれるならサンセイ!」

出発直前、風邪を引いた。
行きの機内は鼻づまりで最悪。ちょっと寒気もするぞ?
到着初日、嫁と娘をホテルの外へ買い出しにやり、まずは一眠り。
「役に立たない……」と呆れられつつ、さて、僕は無事に釣りができるんだろうか、
とそればかりを考えていた。

PA200494.jpg
とうとう来ちゃった。釣りは滞在4日目。買い物に行っても気はそぞろ







flyfisher_magazine at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月10日

“ソル探”今度は沖堤のカサゴだぁ〜
twitterでつぶやく


バカのおかげでなんとかかわしてたのですが、つい油断したのでしょう。
ウィルスが神経に感染するというやっかいな風邪をひいてしまい、
しばらく自宅療養してました。

ゲホッ、まだ完全に、ゲホッ、なおってませんので、ゲホッ、染ったらスンマセン。

熱がようやく治まったので、久しぶりに仕事です。
といっても出かけたのは会社でなくて海です。

沖堤でカサゴが釣れているとのことなので行ってきました。
松木隊員が今回の案内人です。

01.JPG
フライロッドを持って渡船するのは僕らだけなんですが、幸いにも、落とし込み用のタックルに似ているからでしょうか、意外なほど馴染んでました(と、思うのは僕だけか?)

02.JPG
松木隊員の沖堤通いにも何度か同行しているという福嶋隊員もこの日は参加。フライロッド4本を持参して万全を期してました。10数分で沖堤に到着です

03.JPG
秋の穏やかなな日中に遊ぶには最適なターゲットです。#5-6ロッドで遊べるのも魅力ですしね

ねらうのは水深7〜8mのボトムです。そりゃぁちょっとムリでしょう、深すぎて感覚的に分からんでしょう、って思っていたんですが、松木隊員推奨のラインシステム&フライで試してみると、あら驚いた、ボトムを探る手応えが伝わってくるではありませんか。もちろんアタリも明確に分かります。で、それでカサゴのほかにも大アジまで釣れたりして穏やかな秋晴れの休日を楽しく過ごすことができちゃいました。

この釣りを一度体感すれば分かりますが、このメソッドならきっとあの魚やあの魚も……って夢が確実に広がります。少なくても僕にとってはこれでロックフィッシュがぐっと身近なターゲットになりましたね。一言いうなら“地味だけど画期的なボトムシステム”ってところでしょうか。詳しくは、今月22日発売の12月号Fly Fisherに掲載予定です、興味のある方はご覧ください。さぁて、いよいよ秋はソルトが忙しくなる季節です。シーバスにメッキ、ロックフィッシュに青ものなどなど、探検隊の釣査はまだまだ続きますよ! ゲホッ ゲホッ 








flyfisher_magazine at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月02日

雨中遊泳
twitterでつぶやく


日曜日に予定していた取材が急遽キャンセルになった。
すなわち、「どこか違う川へ出掛けるチャンス!」

で、いろいろ考えたのですが、長野県の犀川にしてみました。
今シーズンはもっとたくさん本流フィールドに通ってみるつもりだったのですが、
途中で渓流に浮気していたため、反省をこめての1人旅です。

土曜日、行きの中央道は前日の予報が急変したようで雨。
「濁り入っちゃうかなぁ〜、人たくさんいて釣る場所ないかなぁ〜」
とか久々の本流になんだかそわそわしたものの、
雨は諏訪から先くらいで止んでおり、犀川の水色はけっこうよかったので一安心。
はじめてのポイントで、おっかなびっくりウエーディングしながら、
それでもフレッシュな気分で楽しみました。

今年の犀川は全体に好調だったようで、
50cmオーバーもシーズン後半に入ってけっこう釣れていたようです。
自分はまだまだオデコも覚悟の身分ですが、幸い40cmくらいのが1尾。
2日目は朝から雨+「週末くらい家の手伝いしなさい!」という
嫁さんの声が聞こえてくるようで昼までで退散しました。

でも、やっぱり本流は楽しいです。
来シーズンはもっと通うぞ! と誓った最終日でした。

P9290466.jpg
腰まで立ち込みながら撮ったらピンボケ……

P9290465.jpg
この水色と広さが本流の魅力と再確認。
カヌー隊がやってくる前までの時間が勝負です




flyfisher_magazine at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月01日

シーカヤック&FF
twitterでつぶやく


三重県の三木里に
シーカヤック&FFの取材へ行ってきました。
カヌー(ほぼ)初体験のワタクシとしましては、
おっかなびっくり、(カメラは絶対濡らしたくないし!)
ヨチヨチと大海原へ……。
とはいえ、湾内は風も波もおだやかで、
時折メッキやシーバスのボイルも見られます。

IMG_2651-01.jpg
カヌーの上からはこんな景色が。ナブラが起こらないと眠くなります

ただし!
高速で移動しながら捕食する魚に追いつくのが大変! 
目の前の水面がバチャバチャなっているのに
カヌーのオールにラインが引っ掛かったりしてトラブルの連続!
なかなかにエキサイティングな時間でした。

IMG_2594-02.jpg
写真だけみるとどこかの湖のようですが、水はしょっぱいです

シーカヤック、ほしいな……。

RIMG0095-03.jpg
釣りが終わってから地元の小さな魚屋さんを覗いてみました。アジの干物が300円。
おばちゃんたちの手作りで、ちょっとしたあまりもの(試食?)もろいろと食べさせてもらいました

RIMG0100-04.jpg
魚屋のおばちゃん、「うまい!」を連発する僕らに気をよくしたのか、ビールまで出してくれました。
もちろん、これから運転なので、丁重にお断りしましたが

シーカヤックの漕ぎすぎで、腕が筋肉痛ですが、
いやいや、これは面白いです。

この模様は次号10月発売号のフライフィッシャーで掲載予定です。
取材にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!






flyfisher_magazine at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!