2013年07月29日

小さい溜まりに……
twitterでつぶやく

先日、私用で訪れた林道。
何気なく車を停めて、
横の小さな砂防堰堤上の溜まりを覗いてみました。

動く影が見えたので注意して見てみると、
なんとイワナが泳いでいます。
しかも今にもライズせんばかりの雰囲気。

そこで、試しに枝のかけらを水面に落として見えると、
すごい勢いで飛んできて、ギリギリでUターン……やる気は満々らしいです。

そのまま水面を眺めていると、
今度は8寸ほどのヤマメが岸際を回遊しているのを発見。
しかもこちらは、小さいながらもライズしています。

フライを落とせば、釣れること間違いなしの状況。
とはいえ、イワナ・ヤマメを放流したとも思えないような場所です。
流れ込んでいる、幅60cmほどの細流に棲んでいた魚が、ここで成長したのか……。

ロッドを持っていなかったこともあり、
何とも言えない気持ちでその場を後にしましたが、
あんなに小さいスポットになぜあんな魚がいたのか、
不思議です……。
(つい、写真を撮るのを忘れてしまいました。)

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 18:15│clip!