2012年05月21日

イブニングまでお楽しみいっぱいのイベント

昨年は震災の影響を考えて中止された、
岐阜県の石徹白(いとしろ)川で開催される
恒例のイベント「石徹白Fisher's Holiday!」

今年は満を持して6/2(土)〜6/3(日)で開催される
ことが決まりました。

本誌でもたびたび紹介してきた同釣り場ですが、
あらためてご紹介すると、サクラマスの遡る大河・九頭竜川の上流部にあたる
石徹白川のさらに支流に峠(とうげ)川があり、
この区間がフライフィッシャー有志と漁協、さらに地元の皆さんのおかげで、
2000年からキャッチ&リリースを全国的に見ても早い段階で導入。

その後、継続的な努力により、本流の石徹白川も含めて、
成魚放流に頼らない、自然再生産を取り入れた
魚影豊富な川を現在までに実現し、
2011年には正式に遊漁規則に盛り込むまでになった、
というとても貴重な釣り場です。

たとえば、取材で訪れた一昨年も、
日中のイベントが一段落した時間に釣り場に出てみると、
本流を含め、「どれだけのイワナがいるのか」
と驚くほど魚たちが湧くように出てきてフライに反応していました。
もちろん、彼らは昼間にも充分ねらえるわけですが、
誰もがアクセスできる里の近くにありながら、
これだけ一定の魚たちが息づいている川は、
貴重といわざるをえません。

フライフィッシング体験スクールはもちろん、
メイン会場では渓流エコロジスト会議など凝った内容の
ステージイベントもありますので、
仲間や親子で休日を過ごす場所としてもとてもおすすめです。

主催者から詳しい案内をいただきましたので、
ご興味のある方はお出かけ先としてぜひ検討してみてください。


img-521112800-0001



[八木]


flyfisher_magazine at 11:50│clip!