2010年10月27日

インタビューに行ってきました。
twitterでつぶやく

フライラインが空中で「パチン」と鳴る。
その原因は、ライン同士がぶつかっているからではなく、
ラインの先端が猛スピードで動き、
結果として音の速さを超えて、空気の壁を叩いているから……
という話はご存じでしょうか?

言葉だけではいまいち納得がいかないかもしれませんが、
実はそういうこと、というお話を、
とあるフライフィッシャーの方に聞いてきました。

どなたか?

テレビでもご活躍のサイエンスプロデューサー、
米村でんじろう先生です。

実際お会いするのは初めてでしたが、
とても気さくで、かつフライを真剣に好きな方でした。

詳しいインタビューは、少し先のフライフィッシャーで
ご紹介できる予定です。お楽しみに。

[八木]

インタビューを行ったのは、
東京の日本武道館近くにある「科学技術館」。
ここには子どもから大人まで楽しめる科学体験コーナーがいくつかあり、
その5Fではでんじろう先生のお弟子さん(?)にあたる
スタッフの皆さんが定期的に実験などを披露しています。
自分は大きなシャボン玉の中をくぐってきました……。

DSCF4033


flyfisher_magazine at 19:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔