2010年08月30日

フライロッド片手に
twitterでつぶやく

まもなく世間の(というか子供たちの)夏休みもおしまいですね。
先日、横浜市内の公園で駆除のために特別に園内で
ザリガニ釣りを解禁したところ、多くの親子連れで賑わった、
というニュースを目にしました。

駆除という目的が少しさみしいですが、
この季節、やっぱり子供を水辺に連れて行けば
親も子も楽しめる。

ということで、久しぶりに顔を出した
実家で自分の娘といとこの男の子に
「釣りしたい?」と聞いてみたところ、
やってみたい! の即答。

小学生の頃に使っていた釣具を物置から引っ張り出し、
ただしサオがないので車から3番のフライロッドを取り出し、
その先にイトとウキと袖バリを結んで、
食パンを持って小川に行ってきました。

結果は、親も驚くアブラハヤの連発(?)
とはいえ、3番ロッドならプルプル小刻みにロッドに
感触は伝わるので、5歳児と4歳児は大喜びです。
食パンは小さく丸めてハリに刺せば
サシそっくりですし、実際それでよく釣れる。

フライフィッシングは楽しい釣りですが、
子供と遊ぶならやっぱりエサも手軽でいいですね。

そういえば普段は釣りをしない親戚や友人から、
親子で釣りをしてみたいと聞かれるナンバーワンは、
ワカサギ釣り。

童心を思い出した週末(超短い夏休み?)でした。

[八木]









flyfisher_magazine at 00:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔