2010年04月22日

最新号の特集はロングティペット
twitterでつぶやく

本日、フライフィッシャー6月号が発売になります。
特集は「ロングティペット16の鉄則」。

日本の渓流で有効なシステムとして、
すっかり定着した観もあるロングティペット・リーダーの釣りですが、
「かえってトラブルが増える」
「実際にどれくらい長くすれば“ロングティペット”なの?」
という話もよく聞かれるように、
なんとなく「システム全体を長くするのがロングティペット・リーダー」
という漠然としたイメージも先行しているようです。

そこで、今回の特集記事では
「18フィート以上のシステムを使いこなす」という明確な目標を掲げ、
なぜその長さなのか、どうすれば楽しく使えるのか、
ということにフォーカスしました。

雨が多い今シーズン、
各地の渓流は水量がたっぷりで、
むしろ楽しい釣りができそうです。
正直使いこなすのは簡単ではないロングティペットですが、
だからこそ覚えがいもある。

GWを迎える直前、釣果アップのヒント満載の今号をぜひお見逃しなく!

[八木]






flyfisher_magazine at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔