2009年07月27日

明けない梅雨
twitterでつぶやく

梅雨明けしてからのほうが梅雨っぽいという、
よく分からない天気が続いているおかげで、
魚の活性もいまいち安定しないようです。

先日、とあるご夫婦を取材させていただきました。
降ったり曇ったり晴れたり、一日に何度も繰り返される
読めない天気にもかかわらず、しっかりと魚を釣っていただき、
なおかつキャンプ泊ではおいしい野外料理をご馳走していただき、
楽しく過させてもらいました。

夜は満天の星空も見えて、夏のキャンプ釣行の楽しさを再認識しました。

撮りおき分の撮影ということで、すぐに掲載ということではないのですが、
楽しげな雰囲気の釣行記事になることだと思います。

しかしこの時期のヤマメは体高があって実際以上に大きく見え、パワーもあります。
アブが出るまで、まだチャンスはあると思いますので、
夏ヤマメ夏イワナをねらいに出かけてみてはいかがでしょうか。
                        (ワカノ)






撮影中

flyfisher_magazine at 11:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔