2009年05月21日

30lbと6X

予想では2〜1.5メートルに。

風はなくてうねりだけが残ってる、そんな状況を予想して

スズキねらいで出かけてきましたが……。




ベタナギ








いざ釣り場に到着すると、

ここは池なのか! って突っ込みたくなるくらい、ベタ〜っとしてました。

日常茶飯事なのでいまさら予報に腹を立てることもないんですが。

チャンスらしき時間帯はまだうす暗い朝マヅメのうちだけでした。

しょぼいサラシに向かってキャストしてましたが、

いつもどおり異常ナシ。

と、思いきや、ググンと突然ロッドが曲がり、

慌てて引き寄せると、なんとメバルです。

スズキが釣れるはずのサラシの下からメバルが出てきて

なんだか悲しい気持ちになりました。

そしてあっという間にご来光、

気温はグーンと上り、テンションはドーンと下がり、

夢はシュルシュルと萎んでいきました。




イカ用に巻いたのを2〜3本だけ持ってたのを思い出し、

以前にも同様、ベタナギで、見えイカがいっぱいいた場所に

行くことに。

着いてみると3ハイのアオリが水面付近で漂ってました。

1パイ目はキャストした瞬間にスプーク。

2ハイ目はシカト。

3ハイ目はフライに追尾するけど抱かせることはできずに終了。


往復1時間の歩きで汗もかきかき疲れもピークに達し、仮眠を取ることに。



午後は気分を切り替えて、10年前によい想いをした渓流へ。

渓相は大分変わってました。

以前は25,6僂バンバン釣れたのですが……

この日はせいぜい20冂度で、魚もだいぶ少なくなってました。

身分相応なサイズと遊び、清流で身体中の潮を洗い流して気分爽快。

仕事さぼってまで出かけた割には釣果が少なくてすみません。

今度はもっと魚の写真をドカーンとアップしますので。


ちなみに現在、土肥〜松崎にかけて堤防からサバ(ゴマ&マサバ)が釣れてます。

ところどころ堤防で行列ができてました。

いくつか見た場所ではフライを振るスペースもなくあきらめましたが、

足もと付近まで来てましたので、たぶんやれば……。

マサバは脂がのってうまいらしいですよ。







アマゴ









海で項垂れ、渓で癒され

flyfisher_magazine at 12:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔