2009年04月28日

気になる
twitterでつぶやく

久しぶりに仕事でなくて釣りで完徹です。
とある小さな湾の端っこで、夕マヅメのメバルから
朝方のスズキねらいまで。
朝には雨が強くなってきたので撤収しましたけど、残念です。
雨じゃなきゃ聞こえたはずの美声、あのオリジナリティー溢れる踊り、
見たかった、聞きたかった、あのおじさんのあんな動きとこんなクネリ。

16年間、小さな湾の端っこで毎朝歌って踊り続けるあのおじさんが、
最近気になって仕方ありません。
遠く離れた堤防からも聞こえる美しくも不気味な歌声に酔いに、
また近々行ってこようと思ってます。

今度は望遠レンズ持ってヘンテコな踊りを激写しようと企んでます。


そして翌日は千曲川へ。
次号フライフィッシャーの記事と付録DVDの取材です。
サクラ真っ盛りの川上村はこれからが春本番といった感じですね。

日中、パラパラとガガンボが目につきましたが、
ドピーカンで強風、タフなコンディションのなか、
渓流のキャスティング、おもにプレゼンテーションですが、
里見栄正さんに解説してもらいながら、写真と動画の両方で
終日かけて取材させてもらいました。里見さんほんとうにお疲れ様でした。




take1


「ハイ いきまーす」
「ハイ オッケーです」


動画の撮影中はすることがないので鼻ほじって見てます。





ヤドリキ







ふと見上げたらヤドリキです。
漢方や美容にもいいそうですが、
なんでまん丸になるのかいまだに不思議です。
最近は田舎でも少なくなったらしいですが、
都会の病んだ心の持ち主たちに人気らしく、
観葉植物としてウン千円〜ウン万円の高値で売られてるとか。

定額給付金は早々と使い果たしてしまったし……。
がんばれば届かない高さではありません。これ持って帰れば
小遣い稼ぎに……。でもどうやって取るんだコレ。
枝ごと? さすがにそれは気が引けるしなぁ。
                 (ワカノ)










flyfisher_magazine at 17:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔