2009年01月26日

初釣り
twitterでつぶやく


昨日は快晴ということで、

あちこちでカメラ片手に富士山を撮影している人を見かけました。

夜は満天の星が、昼は雪化粧の富士山がとってもきれいでした。





とってもきれいでした。







ほんときれいだったなぁ。










え? 釣り? 







まぁ、一応そのつもりで出かけてみたんですが。







強風? いやぁ、あれはもう爆風といったほうが……。







気を許すとフラッとするくらい。






傘持ってれば飛べるんじゃないか、って思ってた幼少の頃を思い出しました。






着替えてる段階で充分過ぎるくらいヤバイ風って気付いてるんですが、







釣り場まで、ポイントの目の前まで行かなければ自分を納得させられないのは







悲しい性です。








港近くで海草を採ってるおばちゃんに








「アンタ死ぬ気かい!」








なんて言われても、見ないと納得できない。








おばちゃんには悪いけど、とりあえずほほ笑みだけ返して前進です。











見たらチョーイイ感じのサラシなんです。













風が止んだらこりゃ……なんて考えながらボケーッと待ってたら、












さっきのおばちゃんがやってきて、











「なんもこんな荒れた日に釣りしなくてもいいべ。海草やっから帰れ、な!」











いわゆる強制撤収です。











午後になると風は和らぎました。












その瞬間をねらってれば……と思うのは僕のエゴでしょう。












おばちゃんの優しさが事故を未然に防いでくれたのかもしれません。










やっぱり勇気ある撤退だったと思うことにしよう。











ということで、ほとんどロッドを振ることなく、









磯ヒラにフラれ、メバルにもフラれ、







おばちゃんにお茶と干しイモをごちそうになったりして








初釣りを終えました。








なのでまた魚の写真がありません、ゴメンナサイ。







長い言い訳にお付き合ってくれて、ありがとうございます。




(ワカノ)




flyfisher_magazine at 13:02│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by iwana   2009年01月28日 17:51
4 ナイス! です
そう言う経験ありますよね。。。
安全第一、釣りは、またこれる。
無理は、禁物、おばちゃんに感謝ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔