2014年09月02日

湖のフライフィッシング
twitterでつぶやく

イワナ、ヤマメを対象とした渓流の釣りは今月で禁漁を迎えますが、
まだまだ続くのが湖の釣り。

芦ノ湖、本栖湖、丸沼……さらには北海道。
フライフィッシングで楽しめるフィールドは10月頃に再び旬が訪れます。



ここで紹介している動画は、
そんな湖の釣りのエキスパート、杉坂隆久さんのテクニック。

シンキングラインを使ってストリーマーで誘う釣りのノウハウを解説しています。
渓流が終わったら、湖で一発大もの! という締めくくりもおすすめですよ。

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 16:45|Permalinkclip!

2014年09月01日

9月源流
twitterでつぶやく

シーズン最終月の9月に入ってしまいました……。
が、暑さも落ち着きはじめ、6月とともに渓流では
よい釣りができるシーズンでもあります。

そんななか、奥鬼怒の源流へ!
ところがまたしても雨にたたられ、
ずぶ濡れになりながら、沢を上って降ってばかり……。
blog

最近はこんな日ばかりですが、
来週は信州の渓へ行って来ます。

(マツムラ)





flyfisher_magazine at 19:05|Permalinkclip!

2014年08月28日

南半球の釣り旅
twitterでつぶやく

あんなに暑かった日々が嘘のように
東京の今日は肌寒いほどです。
また来週からは熱気と湿気が戻ってくるようですが、
シーズン終盤の秋の釣り計画もそろそろ立てたいところです。

……とそんなところでまだ気は早いのですが、
日本がオフシーズンになると同時に、
本格的にシーズンが始まるのがニュージーランドです。

下の動画は、本誌でも「北海道の鱒釣り」を連載している
奥本昌夫さんのNZ放浪釣り旅のもよう。



広々とした草原を流れる渓流でブラウントラウトをねらっている、
まさに「NZ的雰囲気満点」の映像です。

思わず、秋の釣行より、冬(日本の)の海外遠征を計画したくなってしまいますよ……。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 17:05|Permalinkclip!

2014年08月27日

タイイングの神は細部に宿る……
twitterでつぶやく

久々に動画の紹介です。
『FlyFisher』誌の連載でもおなじみの
備前貢さんのDVD「MACRO FLYTYING」トレーラーです。



本作は代表的なウエットフライのタイイングを
クローズアップで撮影。

きれいにウイングが取り付けられない……
効率的なスレッドワークが分からない……

などといった悩みを、備前さんが軽妙な語り口で解決してくれます。
「釣れるフライ」はもちろんのこと、
「見せるフライ」へステップアップしてみたいという方はぜひ。

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 18:43|Permalinkclip!

2014年08月26日

お詫びと訂正
twitterでつぶやく

<お詫びと訂正>

『FlyFisher 』誌2014年9月号、付録DVDコンテンツ内のテロップに誤りがありました。
収録されております「ハイスピード・ハイラインのキャスティング」に出演いただいている
新藤忠伸さんのお名前が、「新藤忠信」になっておりました。

正/新藤忠伸
誤/新藤忠信

読者の皆様、ならびに関係者にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びし、
ここに訂正させていただきます。

(FlyFisher編集部)

flyfisher_magazine at 16:45|Permalinkclip!

2014年08月25日

ブロッケン
twitterでつぶやく

先日源流の山へ行った際に、偶然見えたのが、ブロッケン現象。
虹の輪の中に自分の影が浮かび上がる現象で、
何人もの人が見ているのに、それぞれが自分の影しか見えていないのが不思議です。

ブロッケン

もちろん、途中の沢でサオを出したのですが、
その結果は……
こんな写真を載せているのでお分かりだと思います。

増水(?)のせいにはしたくありませんが、
2日間歩いて小イワナ数尾とは……

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 17:39|Permalinkclip!

2014年08月21日

夏燗酒
twitterでつぶやく

先日は、練馬にあります居酒屋へ足を運んだのですが、
その店のメインのお酒は、夏でも燗酒。

この茹だるような暑さのなか、燗した酒を……
と思ってしまいますが、そこはプロの技。

飲み始めてしまえばスルスルと喉に落ちていきます。
(もちろん店内はクーラー効いてます)
「割り水」や「燗冷まし」といった飲み方で、
人それぞれの好みに合わせて、違和感なく味わえるような工夫には驚きました。
NCM_0129

そんなわけで
テーブルの上にはどんどん空の徳利が並び……
それにつれて横に座っているM編集長のロレツも……

実はこのお店、
明日発売の『FlyFisher』誌で紹介させて頂いております。
気になった方はぜひご覧ください。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 10:48|Permalinkclip!

2014年08月18日

10月号校了
twitterでつぶやく

恒例のお盆進行の中、
先日無事『FlyFisher』誌が校了しました……。

次号の特集は、ずばり「1日で”尺”を釣るための戦略」を解説します。
各地方のエキスパートに、「24時間で尺を釣ってください!」と頼んでみたのですが、
その結果は……

asdasdasda


そのほかにも、渚滑川、、然別湖、猿払川など……北海道釣行記事も満載です。
今月22日発売の10月号、ぜひご覧ください!

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 12:17|Permalinkclip!

2014年08月13日

夏のオフショア
twitterでつぶやく

先日は相模湾、徳島県日和佐沖で
シイラをねらったオフショアのフライフィッシング大会が行なわれるなど、
ソルトウオーターの釣りも夏本番といった感じです。

そんなオフショアの釣りですが、
漁船で1時間ほど沖に出れば、そこはもう大海原。
シイラやカツオが集まるトリヤマをねらってのキャスティングはとても興奮度が高く、
まだやったことがない人にはぜひおすすめの釣りです。
(関東、関西とも各プロショップが主導して、釣り大会を開いています)
IMG_9211

次号の『FlyFisher』誌では、
そんなオフショア・フライフィッシングをレポート。

まだまだ夏はこれからです!

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 10:59|Permalinkclip!

2014年08月11日

手が出せない
twitterでつぶやく

先日訪れた利根川上流部の見事なV字峡。
入渓もできず、遡行も難しい場所ですが、
どことなく、とてつもない魚が泳いでいそうな雰囲気です。
IMG_8888

もちろんフライフィッシングでは手も出ない場所ですが、
こんな風景を見ていると、
特にドライフライで狙えるフィールドが恋しく感じます(笑)。

この上のフラットな支流で竿を出したのですが、
7寸程度のイワナがたくさん遊んでくれました。

もうすぐシーズンが終盤に……
そろそろよいサイズを釣らなくては……

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 22:57|Permalinkclip!