2014年07月28日

アユ釣り
twitterでつぶやく

先日は、栃木県の那珂川水系で社内のアユ釣り研修会。
私も小さいころにちょっと体験しただけで、まったくのビギナーです。

手取り足取り教えてもらいながら、
長ザオに覚束ない動作でなんとかオトリアユを流れに放ちます。

友釣りは他の釣りのように魚の食欲・食性に訴える釣りではないことを改めて実感……
イトの先に付いているオトリの操作は特に新鮮です。
(まったくねらっている場所に入ってくれず、苦労しましたが)
RIMG0001

実はフライフィッシャーの中にも真夏はアユに夢中になる人も少なくありません。
その晩はなんとか釣った(釣らせてもらった)アユをアテに、
お酒の吸い込みは絶好調。

この釣り、結果的に絶対お酒がセットになるような……ちょっとした恐ろしさも感じております……(笑)

マツムラ


flyfisher_magazine at 18:59|Permalinkclip!

2014年07月25日

夏の源流
twitterでつぶやく

先日は、夏こそ面白い奥利根の沢へ行ってきました。
2日間の行程で尾瀬方面に抜ける計画でしたが、
いざ沢に入ってみると、滝や釜が連続する渓相で、
なかなかドライフライでは探りきれません。
(それでも6寸ほどのサイズが次から次へと顔を出してくれ、癒されました笑)

水量は豊富で、ここぞという場所にはかなり大きな魚も潜んでいそうな谷でしたが、
重たいニンフ持っていかなかったことを後悔……
P7210031

次回は懲りずに、福島の沢へ突撃します!

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 20:28|Permalinkclip!

2014年07月22日

ANA釣り倶楽部本日公開!
twitterでつぶやく

Honda釣り倶楽部」の姉妹サイトとして
ANA釣り倶楽部」が本日公開になりました!

記念すべき第一回目は、
里見栄正さんが北海道の渚滑川でレインボートラウトをねらいます。
その様子を撮影しているのは、FlyFisher誌でもおなじみのカメラマン、津留崎健さん。

国内でも
「こんな場所でサオを振ってみたい」
と思わせるような美しいフィールドと綺麗な魚が盛りだくさん。
まさに釣り旅に出たくなるサイトです。
dsada

今後は北海道や九州など、季節ごとの釣りコンテンツを充実させていく予定で、
ページ内ではHonda釣り倶楽部と共同でのプレゼントキャンペーンも実施しています。
どうぞ、ご覧ください!


flyfisher_magazine at 18:26|Permalinkclip!

2014年05月28日

ワンポイントテクニック
twitterでつぶやく

渓流で今ひとつ釣果が伸び悩んでいるという方におすすめなのが
下の動画。

里見栄正さんのドライフライのドリフトテクニックを紹介しています。
特徴的なのはリーダー・ティペットを「曲げる・固める」というプレゼンテーション。

基本は押さえながらも柔軟なキャスティングで、より効果的なドリフトをねらいます。



自分の渓流フライフィッシングで、「なんか違うな〜」と感じている方はぜひ……
参考になるはずです!

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 19:27|Permalinkclip!

2014年05月23日

フロリダのタ―ポン!
twitterでつぶやく

日本の渓流から一転、
アメリカ、フロリダのタ―ポン釣りの動画をご紹介!

フラットボートに固定カメラを取り付けてファイトシーンを収めたシンプルな映像ですが、
そのやり取りの激しさは圧巻……。

一度でよいから、あんな魚を釣ってみたい……
夢が膨らむ動画です。



(マツムラ)

flyfisher_magazine at 10:38|Permalinkclip!

2014年05月17日

水面勝負の面白さ
twitterでつぶやく

雪代が収まり始めた地域もどんどん多くなり、
これからの時期はより渓魚が水面のものを意識し始めるタイミングになります。

そんな時はやっぱりドライフライでねらうのが楽しいのですが、
そういった釣りに一味加えてくれるのがサイトフィッシング。

フラットな水面に魚を見つけられれば、相手の捕食の一部始終を見ながら、
緊張感のあるやり取りが楽しめます。

下に紹介している動画は、そんなサイトの釣りの魅力が分かりやすく紹介されています。
秋田の名手谷地田正志さんが、魚の見つけ方、立ち位置、ねらい方など
サイトフィッシングのイロハを解説しています。

あ〜こんな渓に釣りに行きたい……



松邨

flyfisher_magazine at 16:56|Permalinkclip!

2014年05月12日

アンダーハンド道場
twitterでつぶやく

いきなりですが、アンダーハンド・キャストの名手としても知られている
近藤雅之さんのキャスティング動画をご紹介です!

近藤さん自身が「このテクニックを習得してから、キャスティングの悩みがなくなった」
とまで話すキャスティングスタイルを基礎から理解することができます。



もちろん、これはツーハンド・ロッドに限った事ではありません。
渓流域で使用するシングルハンド・ロッドでも同じ理屈です。



どんなシチュエーションでも使えるこのキャスティングテクニック。
見ていると思わず覚えたくなりますよ。

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 22:58|Permalinkclip!

2014年05月08日

ショートリーダー
twitterでつぶやく

これからの季節は、上流域の釣り場も各地で状況がよくなってきます。
そういった流れではイワナの顔を見る機会も増えるはず。

下に貼り付けています動画では、
そんなイワナを11フィートというショートリーダーでねらう釣りを紹介しています。

ロングリーダー・ティペットの釣りは間違いなく効果的ですが、
魚の付き場所をしっかりと見極めるうえで、
たまには短めのリーダーで釣りをしてみると、上達のヒントになるはずです。

とはいえ、難しく考える必要はなく、そこはドライフライでのゆったりとしたイワナ釣り。
すぐにでも渓に行きたくなる映像ですよ。



(マツムラ)

flyfisher_magazine at 11:03|Permalinkclip!

2014年05月01日

ウエットフライに強くなる
twitterでつぶやく

このたび発売されました備前貢さん出演のDVD「MACRO FLYTYING」。
本作では、「ウエットフライは自由である」というキーワードをテーマに、
備前さんのテクニックを、文字どおり”度アップ”で撮影しています。

収録時間はなんと3時間超え。
ソフトハックルを抜けにくくする小技、フェザーウイングを美しく作る応用技などなど……
初心者はもちろん、上級者にもためになる、ウエットフライ・タイイングのコツを
徹底的に紹介しています。

そのトレーラー映像を少しだけ……




(マツムラ)

flyfisher_magazine at 17:46|Permalinkclip!

2014年04月30日

たまには近所で……
twitterでつぶやく

渓流もよい時期になってきていますが、
時間が中途半端で、遠出はできないな……
という場合におすすめなのが、近場のナマズ&ライギョ。

町中を流れる川にも生息しているこれらのターゲット、
フライでねらってみると、意外に難しく、ついつい熱くなってしまうことも。

下の動画では、
そんなウォームウォーターの釣りにハマってしまった
フライフィッシャーの日常(?)を紹介しています。



実はこの釣り、梅雨の合間のタイミングなどにも、けっこうおすすめです。

(松邨)

flyfisher_magazine at 17:29|Permalinkclip!