2015年05月20日

FlyFisher7月号搬入
twitterでつぶやく

本日、FlyFisher7月号が刷り上がってきました。

RIMG0049

今月の特集は「リーダー」(渓流用)。
リーダーは様々なタイプが発売されていますが、
自分に合ったテーパーデザインを選ぶ方法や、
テーパーによる違いを詳しく解説。

フライフィッシングのシステムに不可欠なリーダーですが、
ぴったりの1本を見つけられれば、
今シーズンの釣りがもっと快適になるはずです。

発売は今週金曜日(22日)です。
今後はFlyFisher公式Facebookページでも
記事や取材内容の紹介をしていきますので、
こちらもよろしくお願いいたします!

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 18:58|Permalinkclip!

2015年05月18日

FlyFisher、Facebook始動!
twitterでつぶやく

遅ればせながら……
このたびFlyFisher公式Facebookページを開始致しました!

月刊『FlyFisher』の誌面から溢れた豆知識、掲載しきれなかった写真、取材秘話、時には掲載時には旬を過ぎてしまうであろうオイシイ情報……。

それらをどうにか皆様に伝える手はないものか?
というわけで、私たちの公式ページをスタートしました。

sas

新鮮な情報を手軽に得られるのがウエブの利点。
釣行前、あるいは釣りに行けずにくすぶっている時に、
ちょいちょいのぞいてみてください。

ちなみに検索の際は、カタカナではなく英語の「FlyFisher」でお願いします。
フライフィッシャー仲間の集う空間へ、誰でもすぐにアクセスできます!

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 13:41|Permalinkclip!

2015年05月09日

「絶景 日本の釣り」写真展開催中!
twitterでつぶやく

本日から今月19日まで、
FlyFisher誌でもおなじみの津留崎健さんの写真展が、
新宿、コニカミノルタプラザで開催されております。

初日の今日、早速編集部でもお邪魔してきました。
展では日本の釣り風景の美しさを切り取った写真をセレクト。

大きく引き伸ばされて、額装、ライティングされた作品たちは、
やはり誌面で見るのとは違った迫力があります。

改めて日本の釣り風景の豊かさを実感させてくれる写真展、
必見です。

RIMG0037


●コニカミノルタプラザ(ギャラリーC)
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
午前10時30分〜午後7時(最終日は午後3時まで) 入場無料

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 20:57|Permalinkclip!

2015年04月23日

FlyFisher6月号発売!
twitterでつぶやく

今月のFlyFisher誌は、
渓流域の釣りで役立つウエットフライ・フィッシングを特集。

これから始まる梅雨シーズンの増水時など、
ドライフライの釣りが厳しい場合などに活用できる
ノウハウが満載です。

無題

「フライを流すステージを水面から水面直下に切り替えるだけで
魚の反応は大きく変わることがある」

……とは取材した方々共通の意見。
気になる名手たちのドロッパーシステムや、
渓流域で使いたい「釣り上がるウエットフライ術」などについても詳解しています。

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 19:35|Permalinkclip!

2015年04月20日

釣り場選びの友
twitterでつぶやく

全国的に渓流シーズンが本格化し始めてきましたが、
週末の釣行場所に悩んでいる方も少なくないのでは?

そんな時に役立つ単行本のシリーズが
続々ラインナップ中です。
その名も「いい川」ガイド
各県ごとの有望渓流フィールドをまとめた単行本で、
現地の釣り場に精通している釣り人たちが原稿を執筆しています。

108_ad

入渓場所なども詳しく解説しているので、
初めての川でも安心してサオをだすことができます。

いつもとはちょっと違う釣り場に……
遠征先の釣り場選び……
などなど、ぜひご活用ください!

(マツムラ)





flyfisher_magazine at 18:59|Permalinkclip!

2015年04月17日

FlyFiser6月号付録DVD
twitterでつぶやく

来週22日発売のFlyFisher誌6月号は、
付録DVD付きになります。

今回は……
杉浦雄三さんの簡単ウエットフライ・タイイング、
刈田敏三さんの動く水生昆虫ファイル、
そして、来日したCDCマテリアルの第一人者として知られる、
マルク・プティジャンさんのタイイングを収録しています。

CDCのあらゆる使い方の可能性を追求したマルクさん。
自身で開発した『マジックツール』の使い方も解説しています。

下の動画はTSURIBITO.TVにアップされたダイジェスト。
ぜひご覧ください。

(マツムラ)






flyfisher_magazine at 19:16|Permalinkclip!

2015年04月16日

FF6月号校了……
twitterでつぶやく

今月もバタバタしっぱなしでしたが、
先ほど無事6月号が校了しました。

次号の特集は……
久々の「ウエットフライ」です。
ドライフライ用のタックルで楽しめる、
渓流域で効果的なウエットフライの釣りを紹介しています。

image

増水時、晴天の日中など、
ドライフライでは厳しい状況下でもお薦めの釣りです。

名手たちがそれぞれ愛用している
ドロッパーシステムについても詳しく解説しています。

発売は今月22日!
ぜひご覧ください!

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 10:49|Permalinkclip!

2015年04月06日

信州の春はもう少し
twitterでつぶやく

先週末は長野県の千曲川へ行ってきました。
東京はすでに葉桜だというのに、
佐久地方ではまだまだこれからが桜の本番。

当日はコカゲロウがちらほらとハッチしており、
虫の動きもこれからが本番だと感じました。

それでも日中の時間帯にはまとまったライズも見られ、
ドライフライにもイワナ、ヤマメが果敢に反応してくれました。

DSC_8237

ちなみに、スギ花粉に関しても
これからが本格シーズンなのか、
ほかの地域よりは多少楽だったような……

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 19:34|Permalinkclip!

2015年04月01日

春の本流
twitterでつぶやく

先月は、鬼怒川、狩野川と
本流取材が多い月でした。

天候、水生昆虫のハッチのタイミングさえ合えば、
ダイナミックなライズの釣りが楽しめるのが本流の魅力。

blog

今回は、そのタイミングを読む難しさと、期待感を実感。
目の前で大きな飛沫を上げて水面を荒らしているヤマメを見ると、
サオを出していなくても気持ちがはやります。

DSC_1324

次号のFlyFisherでもそんなフィールドの記事を掲載予定です。

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 16:03|Permalinkclip!

2015年03月27日

春の芦ノ湖
twitterでつぶやく

先日は、今年初の湖取材、芦ノ湖へ。
……ところが、いざ訪れてみると烈風と大粒の雨で
心が折れそうな展開に……。

DSC_7484

それでも目の前には湖流による潮目がくっきりと表れています。
湖の釣りでは、こんな荒れた日もチャンス。

荒れた日の攻略法……ではありませんが、
4月のFlyFisher誌では、春の湖の釣りを紹介します。

いよいよ春が本格的になってきましたね。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 18:51|Permalinkclip!