2015年03月05日

イトウ戦記
twitterでつぶやく

今月号のFlyFisher誌、
奥本昌夫さんの連載「北海道の鱒釣り」では
イトウを取り上げています。

イトウを釣るためのテクニックよりも、
北海道のイトウを取り巻く環境、
イトウを守る釣り人たちの姿勢……といった部分に
焦点が当てられています。
イトウは道内でももちろん貴重な魚ですが、
それを追いかける釣り人の情熱もすごい。

image

連載内でも触れられていますが、
そんなイトウをテーマにしたDVDの製作が現在進行中。
連載では映像収録の話にも触れられていますので、
ぜひご覧ください。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 10:46|Permalinkclip!

2015年03月02日

祝解禁
twitterでつぶやく

3月1日の解禁日を迎え、
各地からも続々と釣果報告が届いてきます。
(自分は編集部から出れない日々がずと続いておりますが…)

そんなわけで次号のFF誌では、
そんな全国の解禁の模様を特集します。
中でも春の訪れが早いフィールドをピックアップ。

DSC_7302


現在取材進行中です!

(マツムラ)




flyfisher_magazine at 18:26|Permalinkclip!

2015年02月26日

春こそニンフ!
twitterでつぶやく

今月号の『FlyFisher』誌では、
特集「メイド・イン・ジャパン」のほかに、
ニンフ・フィッシングについての記事も豊富に掲載しています。
無題1

名手たちのニンフパターンのほか、
フライローテーションのテクニックまで、
実践で役立つ解説が満載です。
無題2

もちろん、
春の渓流で活躍するルースニング・テクニックについても
解説しています。

春こそ試したいニンフの釣り。
ぜひご覧ください。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 17:57|Permalinkclip!

2015年02月24日

Honda釣り倶楽部&ANA釣り倶楽部どんどん充実!
twitterでつぶやく

釣りコンテンツWEBページ
Honda釣り倶楽部、ANA釣り倶楽部の
内容がどんどん充実中です!

旬の釣りネタや
用語解説、さらにはエキスパートたちの実釣動画まで、
盛りだくさんの内容で展開しています。

下の動画は、両WEBページの紹介動画です。
フライフィッシングはもちろん、
さまざまなジャンルの仕掛けの解説や釣り方も
解説されているので、
この週末は何を釣ろうか……なんて時には是非オススメです!



(マツムラ)





flyfisher_magazine at 18:28|Permalinkclip!

2015年02月23日

ハンドクラフト展
twitterでつぶやく

先週末はつるや釣具店主催のハンドクラフト展へ。
毎年恒例の同イベントですが、毎年盛り上がりを見せているようす。

今年もバンブーロッドをはじめ、
リール、フライボックス、バッグ、アクセサリーなど
さまざまなクラフト製品のブースが並びました。

3月1日の全国的な解禁日を前にしたこのイベント、
さまざまな温かみのあるタックルに、釣欲を刺激されます……。

DSC_7234

写真は『FlyFisher』誌の連載でもおなじみの備前貢さんの
フライタイイング・デモのようす。
多くの人がデスクの前で足を止め、
質問・疑問を投げかけていました。

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 18:28|Permalinkclip!

2015年02月17日

《お詫びおと訂正》
twitterでつぶやく

《お詫びおと訂正》
『FlyFisher』誌2015年3月号の記事、
「ウエーディング時、どう投げる?」内で、
21ページ右下の写真のキャプションに誤りがありました。

「前後にキャスティングするラインの射出角が180度以下(もしくは以上)になると――」
という文章内で「(もしくは以上)」の部分は不用でした。

キャスティングするラインの射出角が180度以上になると、
テイリングではなく、ワイドループになります。

読者の皆様、ならびに関係者にご迷惑おかけいたしましたことをお詫びし、
ここに訂正いたします。


flyfisher_magazine at 17:13|Permalinkclip!

2015年02月16日

FlyFisher4月号校了……!
twitterでつぶやく

昨日、FlyFisher4月号が校了いたしました。
次号の特集は「メイド・イン・ジャパン」!
フライボックス、タイイングツール、フライフックなど、
国産フライタックルの情熱に迫ります。

DSC_7176
また、これからの季節に使用頻度の高いニンフの記事も
豊富に掲載。
ルースニングの基本から、名手の1軍パターンまで、
この春に使える要素が満載です。
(フライパターンの参考にもおすすめです)

21日発売です。
ぜひご覧ください!

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 16:56|Permalinkclip!

2015年02月10日

made in japan 2
twitterでつぶやく

前回のフルックスさんに引き続き、
横浜市の石井鉄工へ。

なんと来年で創業100周年を迎えるそうですが、
アルミの無垢材からフライリールを作り出す、切削技術には驚きです。

堅牢性でも評判のWELLSTONEフライリールですが、
次号のFlyFisherでは、その製作経緯をレポートします。
DSC_6593

(マツムラ)




flyfisher_magazine at 12:00|Permalinkclip!

2015年02月05日

made in japan
twitterでつぶやく

先日は、フライフィッシングメーカー、フルックスさんにお邪魔してきました。
オリジナルのフィッシングベストのほか、
KTYシリーズのリーダーやティペットの製作に力を入れているメーカーですが、
こだわっているのはすべて”日本製”であるということ。

そこには、日本の渓流に合わせたタックルデザインが必要だという考えがあります。
そしてこの度は、ついにロッドとリールもラインナップされるそう。

DSC_6239

事務所の一角には数々のサンプルロッドが……。
詳しくは次号のFlyFisherでレポート予定です!

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 20:23|Permalinkclip!

2015年02月03日

2015フィッシングショー!
twitterでつぶやく

先週末はパシフィコ横浜にて行なわれた
フィッシングショーを取材しました。

全体的にはルアーメーカーの新作が目立ちましたが、
フライコーナーも設けられており、
タイイングデモには多くの人だかりも……。

こんな機会にフライフィッシングにも
興味を抱いてくれる人が増えたら嬉しいですね……。

DSC_6254

中根淳一さんの巻いたソルトパターンを
興味深げに見つめる来場者。

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 11:14|Permalinkclip!