2014年11月25日

備前貢さん、東京でスクール
twitterでつぶやく

先週末からの3連休は、
東京の渋谷サンスイにて備前貢さんのタイイングスクールが開催されました。

初日はウエット、2、3日目はドライフライのタイイングをレクチャー。
難しいマテリアルをより美しく留める方法、
フライ全体のバランスを整えた巻き方……
などなど、誌面やDVDでお伝えしているテクニックについても詳しく解説されました。

blog

FlyFisher誌の連載でもおなじみですが、
スクール全体の雰囲気もまさに備前ワールド。
夫婦で参加されている方もおり、
皆さん熱心に名手の技に目を凝らしておりました。

いやータイイングの世界は深いです……

(マツムラ)





flyfisher_magazine at 18:17|Permalinkclip!

2014年11月20日

FF1月号搬入!
twitterでつぶやく

1月号のFlyFisherが本日刷り上がりました。

DSC_4140

今月の特集は「パラシュートフライの黄金比」。
渓流のエキスパートたちの1軍パラシュートの秘密と効果的な使い方を徹底解剖。
“よいフライ”と“悪いフライ”の違いについても詳しく解説しています。

このほか、アメリカ・モンタナ州のトリップ、オーストラリアのマグロ、ハワイのボーンフィッシュなど、読み物としても楽しめる海外釣行記事も豊富に掲載しています。

明後日22日発売になります。
どうぞご覧ください!

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 18:49|Permalinkclip!

2014年11月19日

FFでマグロ!?
twitterでつぶやく

今月号のオーストラリアのマダイねらいの記事に続き、
次号ではマグロをフライでねらっちゃいます。

タックルやフライはもちろんですが、
強烈なマグロのファイトの対処法についても紹介しています。
RIMG0053

ちなみに、
国内でのメジャーなマグロ釣りフィールドの一つに相模湾があります。
記事内では、現地の釣りはフライのキャスティングレンジを確保するまで
ナブラに近づくのが難しいとのことですが、
相模湾でも条件さえ合えば、こんな魚をフライでねらえるのでしょうか……

それにしても、相当な引きでしょうね……

(マツムラ)




flyfisher_magazine at 18:52|Permalinkclip!

2014年11月18日

パラシュートいろいろ
twitterでつぶやく

下の画像は、次号の特集用に、
渓流エキスパートの方たちからお借りした、
パラシュートの1軍パターン。

RIMG0052

こうして並べてみると、
一口にパラシュートといってもそのスタイルはさまざま。
今回は、そんな各人の”パラシュート論”に迫ります。
ハックルの量、ポストの位置、水面下への入り方……
などなど名手たちがパターンに込めた秘密を徹底紹介。

盛期の渓流ではよく使うフライだけに、
そのキモは気になるところです。

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 18:44|Permalinkclip!

2014年11月17日

FF1月号校了……
twitterでつぶやく

本日、FF1月号が校了……(今月もぎりぎり……)
そんな次号の特集ですが、ずばり「パラシュート」。

シーズンオフだからこそ、来年使う1軍パターンの完成度を高めておきたい!
そんな理由でチョイスしました。
blog

水面に浮かぶフライが魚からどんなふうに見えているのか……
津留崎健さんの美しい写真で検証します。

今月22日発売です!

(マツムラ)




flyfisher_magazine at 10:30|Permalinkclip!

2014年11月12日

大型ホームセンターへ
twitterでつぶやく

今月はやたらとホームセンターへ足を運んでいます。
というのも、次号の『FlyFisher』特集でもある
パラシュートフライの撮影素材を捜すためです。

ホームセンターの中でも、特に大型なのが「ジョイフル本田」。
先が見えないほど広大なフロアは、ゆっくり見れば1日がかり……。

NCM_0152

しかし、さすが捜しているものはすべて見つかりました。
そんなわけで、11月22日発売号の『FlyFisher』は、パラシュート特集です。
現在、鋭意制作中です。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 18:37|Permalinkclip!

2014年11月11日

カワハギ釣り
twitterでつぶやく

先日の社員研修ではカワハギ釣りも実施!
(久比里・山下丸さんで出船!)
船酔いにビクつきながらも、何とか釣果を上げることができました。

blog

これまでにカワハギ釣りをしたのは数回だけですが、
収穫のある釣りだからこそ(?)、
なかなか熱くなってしまいます……。

しかし、横の人は連続して掛けるのに、
自分はアタリすら来ず……
といった状況が頻発することに、やはり釣りの深さを実感しますね。

NCM_0157

釣ったカワハギは小ぶりなサイズが多かったのですが、
思わず深酒してしまうのには充分でした(笑)

(マツムラ)







flyfisher_magazine at 22:32|Permalinkclip!

2014年11月10日

海中のゴミ
twitterでつぶやく

先週末はつり人社の社員研修会を実施。
(公財)日本釣振興会が実施しています、
水辺環境の維持・保全活動の一つ 「水中( 海底・湖底 )清掃」に参加しました。

今年の清掃場所は神奈川県三崎の通り矢岸壁。
ダイバーの方が海中から引き揚げたゴミを回収するのですが、
一言にゴミといってもその内容は様々。

RIMG0044

エギが100個(!)ほども絡みついたロープや、車のタイヤ、
さらにはスクーターが丸ごと……

RIMG0046

陸の上はもちろんのこと、
釣り人が目にしない海中こそ、美しく保ちたいものです。

(マツムラ)


flyfisher_magazine at 16:57|Permalinkclip!

2014年11月05日

多摩川コイ
twitterでつぶやく

先日は暇を見つけて自宅からもほど近い多摩川へ。
フライロッドを持ってぶらつきながら、コイをねらってみます。

サイトで水中からフライを送り込んでいくと素直にフライをくわえてくれるのですが、
意外と難しいのが、撒いたパンにライズ(?)する魚をねらう釣り。

blog

水面でパクパクしているコイの溜まっているエリアにフライを送り込むのですが、
これがなかなかセレクティブ……。

パンは躊躇なく吸い込んでいるのに、
フライはことごとくスルー……(笑)。

??

とりあえず、近いうちにまた行ってみます……。

(マツムラ)

flyfisher_magazine at 16:35|Permalinkclip!

2014年10月30日

こだわりの逸品
twitterでつぶやく

ECサイト「TSUTTA」では、
フライフィッシング関連のこだわりのアイテムが
続々ラインナップ追加中です。

da

ここで紹介しているのは
おもにハンドメイドのタックルやツール。
中にはエキスパートが自ら巻いたフライも取り扱っており、
手に取れば作り手の技が見える逸品ばかりです。

『FlyFisher』のバックナンバーも購入可能ですので、
ぜひご覧ください!

(マツムラ)



flyfisher_magazine at 17:38|Permalinkclip!